2019-09

真面目な話

「しんどいけどまだ大丈夫」って人こそカウンセリングに行くべきだと思う理由

自分がしんどい目に遭ったからこそ、最近はしんどそうな人に 「カウンセリングに行ってみて・・・!」 と言いたくてたまらないなつみとです。 別に、カウンセリングに行けばすべてが解決するわけではありません。 魔法とか劇薬で...
日記

店員さんと会話ができるのは元気になったサインかもしれない

わたしは基本的に人見知り。 仕事と割り切れば愛想よく話すことはできるけど、すごく疲れてしまうことが多いです。 そんなわたしが、わりと深刻なうつ状態になって先月カウンセリングに通うことになったんですが、 もう仕事にも復帰して...
どうでもいい話

自分の恋愛力が低すぎることにようやく気付いて過去のあれこれに合点がいった話

わたしは昔から、なぜか恋愛経験豊富っぽく思われてきたのですが、とんでもないです。 21歳で出産して以降はほとんど育児と仕事ばかりだったし、その間に2回離婚してるけど、逆に言えばそれ以外の人と付き合ったこともないってことでして。 ...
どうでもいい話

初めて「自分の分だけ」の家事をしてみたら楽すぎて泣きたくなったので家事について改めて考えてみた

周りを見ていると、令和になってもやっぱり、妻が家事を担っている家庭が多いなぁと思わざるを得ないわけですが、 「名もなき家事」の存在を想像することすらできずに少し分担しただけで家事やってるつもりになっている男性とか、 「自分だって1人...
読書レポート

「『ひとりぼっち』こそが最強の生存戦略である」を読んだ感想まとめ

名越康文さんの「『ひとりぼっち』こそが最強の生存戦略である」という本を読みました。 わたしはちょうど、メンタルをやられて休養していたタイミングで読んだということもあってか、いろいろと参考になることが書かれていました。 参考:35...
読書レポート

「『普通がいい』という病」読書レポート。「せっかくやってあげたのに」と思いがちな人に読んでほしい

「『普通がいい』という病」という本を読みました。 精神科医である泉谷閑示さんの本です。 帯に「自分を取りもどす10講」とありますが、まさしくそんな感じの本でした。 読みながら、思ったことなどいろいろ書き留めたので、それをこ...
読書レポート

「嫌われる勇気」「幸せになる勇気」を読んで、他者の課題に首を突っ込むまいと痛感した話

今さらって感じですが、あの大・大・大ベストセラーの『嫌われる勇気』および『幸せになる勇気』を読みました。 興味はあったんですけど、なぜか手が伸びず。 けど、わたしがこの勇気2部作を読むのは、このタイミングがベストだったんだろうと...
どうでもいい話

ちきりんリノベ本を読んで「こんな家に住みたい!」の条件リストを作ってみた

わたしはず~っと賃貸住まいな上、数年ごとに引っ越しをしています。 そのため、ず~っと、ちょっと不便であんまりイケてない家で生活しています。 わたし、本当はもっと自分好みの家に住みたいの!! いつ落ち着くんだよわたしの人生は...
読書レポート

ちきりんリノべ本を読んだ感想。「共同プロジェクト型取引」にピンとこない人にはわたしも伝えたいことがある

生まれてこのかたずーっと賃貸住まいのくせに、ちきりんさんのリノベ本を買って読みました。 「徹底的に考えてリノベをしたら、みんなに伝えたくなった50のこと」 徹底的に考えてリノベをしたら、みんなに伝えたくなった50のことposted ...
読書レポート

及川眠子さん「誰かが私をきらいでも」は自分を好きになるためのヒントが満載だったよ

作詞家として有名な及川眠子さんの、エッセイ本を見かけたので買ってみました。 他人に合わせすぎて、がんばりすぎてうつ状態になって、活動休止せざるを得なくなった真っただ中だったわたしは、丸善でこの本を見かけたとき、吸い込まれるように、手に...
スポンサーリンク