「しんどいけどまだ大丈夫」って人こそカウンセリングに行くべきだと思う理由

スポンサーリンク
真面目な話

自分がしんどい目に遭ったからこそ、最近はしんどそうな人に

「カウンセリングに行ってみて・・・!」

と言いたくてたまらないなつみとです。

別に、カウンセリングに行けばすべてが解決するわけではありません。

魔法とか劇薬ではありません。

かといって何もしないままでは、何も変わらないか、もしくは悪化するだけなんですよね。

だから、「もうダメだ・・・」ってなる前に、早めに、カウンセリングなり精神科・心療内科なり、そういったところに相談したほうがいいと思うんです。

「まあまあしんどい」「でもまだ大丈夫」は、もうヤバい

わたしは「もうダメだ」ってなってからカウンセリングに行きました。

でも、それでも大事に至らなかったのは、わたしが幸運だっただけです。
本当はもっと早い段階でなんとかしなきゃいけなかった。

わたしは、たまたま「相談するならこの人がいいな」と思える心理カウンセラーさんに、ヤバくなる数か月前に知り合っていました。
そして何度か実際に、軽めに相談したりしていました。

わたしが幸運だったのはそれだけではありません。
精神的に限界になってしまったわたしのために、カウンセリング予約など事務的な作業をしてくれる人がいました。
本当にありがとう・・・。

だから本当にヤバい状態、つまり思考力も行動力もなくなった状態になっても、わたしはなんとかなったわけです。

ヤバくなる前のわたしもそうだったけど、
「まあまあしんどい」「でもまだ大丈夫」
って思ってるの、実はもうヤバいんだよ。

多分、思考力も低下してきてたりして、まともな判断もできないはず。
もしこれ読んで、ちょっと不安だと思った人は、空振りでもいいから、しかるべきところに相談するのがいいと思う。

ストレス発散法としても、カウンセリングはコスパいいです

「まだ全然大丈夫なんだけど、しんどいしストレスは溜まってるよな~」みたいな人。

それ、ヤバくなる前のわたしなんですけどね。

でも、ヤバくなってきたとき、「このままじゃヤバい」と思って自分なりにストレス発散というか、自分を癒すようなことを試していました。

たとえば一人で過ごす時間を増やすとか、エステに行くとか。
あと飲みに行くとかステーキ食べるとかも。

けど、そういう「いわゆるストレス発散法」で、改善しているのか?

しんどさが慢性的になってない?
自分では「いや、これが普通でしょ、しんどいのが普通でしょ」と思ってるかもしれないけど、その状態、ヤバくない?

こういう「いわゆるストレス発散法」に比べると、カウンセリングはめっちゃコスパがいいと思うんです。

時間単価は、1時間1万円が相場と言われているぐらいなのでたしかに高いけど、でも得られる結果を考えると、めっちゃコスパいいですよ。

あと、わたしの場合は臨床心理士さんのカウンセリングに通ったけど、精神科や心療内科を受診すれば保険がきくので、もっと安いです。

精神科・心療内科の受診とカウンセリングはまた違うものではありますが、経済的な事情で相談を躊躇してしまう人は、まずは保険を使って病院に行くといいですよ。

「いわゆるストレス発散法」はどうしてもその場しのぎというか一時的なものだけど、カウンセリングは効果が長持ちするというか、うまくいけば根本的な解決にもつながるので、絶対にコスパがいいんです。

だらだらと、その場しのぎのストレス発散にお金を使うぐらいなら、試しにカウンセリングに行ってみるのがいいんじゃないかな、とか思ったり。

カウンセリングはOSアップデートみたいな感覚 ※個人の感想です

カウンセリングに通う前のわたしは、カウンセリングのことを「病気の治療」というイメージでしかとらえていませんでした。

そして、「わたしは病気じゃないし、『ウツ』なんて全然縁がないし、むしろわたしは、しんどそうな人を助けるべき立場だ」ぐらいに思っていました。

けど実際にカウンセリングを受けてみた感想としては、「治療」とかっていうより、「OSアップデート」みたいな感覚がありました。

わたしという端末自体は変えられないけど、中身をバージョンアップすることはできる。

これは経験してみないと分からないというか、うまく表現できないのですが、べつに「変わっているぞ」という感覚ではなく、自然に、「寝て起きたら、感覚が変わっていた」という感じ。

「昨日までのわたしは、なんでこう思ってたんだろう?」とか思っちゃいます。

多分iPhoneのOSも、自分では「あ~昨日までこうやったけど、今日からはこうなったで~」とか自覚してないと思うんですよね。

そんな感じ。

で、たいてい、ストレスの原因って解決しようのない人間関係の問題とかじゃないですか。

iPhoneで言ったら、使いにくいアプリとか、やたら容量を食うアプリとか、邪魔なアプリ。
OSアップデートをしたところで、そのアプリが消えてくれるわけではない。

カウンセリングとか精神科・心療内科に通ったところでその問題が解決するわけじゃないしな~とか思うじゃないですか。

でも、そうじゃないんです。

たしかに問題そのものは1ミリも変わらないんだけど、自分の心持ち、受け止め方、ダメージから回復するスピード感、なんかは違ってきます。

OSアップデートをしたことで使いにくかったはずのアプリがちゃんと使えるようになったりもするので、試す価値はあると思います。

問題は解決しなくても、しんどいよりラクなほうがいい

前述したとおり、誰かに相談したからといって今抱えているストレスの原因、トラブル、各種問題が解決するわけではありません。

たとえばパワハラ上司に苦しめられていたとして、自分がカウンセリングに通ったところで、パワハラ上司の性格は変わらないわけです。
本当はむしろ、そのパワハラ上司が病院に行けよ!って話なんですけど。

けど、それでも、あなたが通ったほうがいいです。

そんなムカつく人間のせいで自分がしんどいとか、めっちゃ嫌じゃないですか。

それで精神むしばまれて、取り返しのつかないことになったりしたら最悪すぎる。
しんどい思いをする必要なんてないんだから、少しでもラクになるように行動してほしいです。

で、そういうとき、わたしたちはつい「飲みに行く」「カラオケに行く」などストレス発散に走りがちだけど、それはその場しのぎ、一時的なもの。
もっと悪く言えば「焼け石に水」。

一瞬マシになったように思ってもすぐ元通りになっちゃう。

だから、信頼してるカウンセラーさんとかかかりつけの精神科・心療内科がまだ無い人は、まずはそっちを探してみるのがいいんじゃないかな。

わたしの場合はカウンセリングに通いましたが、本当に通ってよかったと思ってるし「なんでもっと早く行かなかったんだバカ!過去の自分、本当にがんばったね!!」って思う。

しんどくなる原因になった問題は片付いていなくても、自分がカウンセリング等によって考え方に変化があると、受け止め方や対応も自然と変わって、今ほどしんどいことはなくなるはずです。

わたしの場合はむしろ、「しんどかったことはすべて消失した」と言っていいぐらい。

とはいえそうやって悩みを乗り越える中で、「本来の問題」は出てきます。
でもこれは、「本当に自分が悩むべき問題」。

しんどかったことが消失することによって本来自分が考えて解決すべき問題がクリアになって、それに対してはしんどくなるようなことなく粛々と対応できるようになる、みたいな感じです。

「自分を変える」というか、パターンを増やす

生きてる限り悩んだりトラブルに巻き込まれたり、しんどいことはいっぱいあります。

どんなに明るく見える人でも、たいていの人は同じような目に遭っているはず。

でも、同じ災難に遭っても、それでイライラしてキレる人、病む人、全然平気な人など、結果はいろいろ。

その違いは、境遇やトラブルの深刻度が違うとは限りません。

嫌なことがあったときの、自分の考え方次第で、受け止め方や感じ方も全然違うものになります。

そして、たとえばパワハラ上司に嫌なことをされても、自分がうまく受け流せるようになったことで上司が「こいつをいじめても面白くない」とか思って、パワハラがなくなることだってありますよね。

わたしは、カウンセリングを通して、「対応力」が上がった気がします。

今までは「こうするのが普通でしょ!」と思ってたことが、「いや、ほかにもこういう方法があるやん」って見えるようになって。

すると、今までどおり嫌なことがあっても、「この場合は今言い返しても無駄だから、時間をおいてから理路整然と説明しよう」とか「これは人としてやってはいけないことだから毅然とした態度で抗議しよう」とか、いろんな選択肢が出てきて、今までよりも「より最適に近い対応」が選べるようになります。

わたしもまだまだ練習中だけど、1人ではどうしても行き詰まってしまうし、これからも、適宜「メンタルのプロ」にサポートしてもらいながらやっていくつもりです。

餅は餅屋、お金と時間をサクッと使ったほうが結果的にはいい

髪を美容師さんに切ってもらうように、家電が壊れたらメーカーに修理を依頼するように、メンタルの不調はメンタルのプロにお願いするのが合理的です。

「普通の人はカウンセリングなんて通わずがんばってるんだから、わたしもがんばるべき」とか、思ってませんか?
わたしは思ってた。

けど、ビジネスの世界だと「コンサル」を受けたり、「コーチング」を受けたり、といった話はわりと身近なものじゃないですか?

それと同じようなもんです。

わたしからしたら、もっと「みんな」がカウンセリングを活用すべきって感じ。

「まだ大丈夫」とか「みんなも我慢してるんだから」とかいろいろ考えちゃうけど、しんどいのを我慢しても何一ついいことないです。

1回行ってみるぐらいならすぐできると思うので、気になる人は試しに行ってみるといいと思います。