防虫ネットハウスを100均のランドリーバッグと洗濯ネットで作る方法

スポンサーリンク
ガーデニング

ガーデニングは、虫との闘いであります。

と言ってもこれまではあまり虫に困らされた経験はないんですが、今年はひどかった・・・
ハダニ、アブラムシ、コナジラミ。
特にコナジラミ。

苦労の末コナジラミがだいぶ減ったかと思えばハダニ。

みたいな。

だからこそ、屋内で楽しめる水耕栽培にハマっているわけですが、屋外でも、防虫ネットを活用すれば虫の被害はかなり軽減できるよな、と思いまして。

というか、出窓のスペースがもういっぱいいっぱいになり、置く場所がなくて(笑)

だから、屋外に簡単な栽培ハウスを作って、そこでも栽培できたらいいなと思った次第です。

というわけでこのページでは、100円グッズを使って作れる防虫ネットハウスの作り方を紹介します。

「いつでもレタス」さん考案の防虫ネットカプセルです

作り方を紹介しますと言っても、これはわたしが考えたものではありません。

家庭向け水耕栽培をしている人ならみんな知っているであろう、「いつでもレタス」さんが考案されたものです。

その解説ページはこちら。

http://azcji.cocolog-nifty.com/photos/netto/index.html

このページを見ればだいたいわかると思います。

でも一応、わたしが作ったときの様子も紹介しますね。

防虫ネットハウスの作り方

まず、以下のものを準備します。

  • メッシュ素材でできた折り畳み式のランドリーバッグ
  • 目が細かく大きいサイズの洗濯ネット(毛布用など)

ランドリーバッグは、こういうの。

ダイソーで購入しました。
一般的なサイズより少し小さめです。
(普通のサイズは200円でした)

洗濯ネットは、こちらを購入。ダイソーで。

ランドリーバッグのサイズを確認した上で、洗濯ネットの大きさを決めるといいですよ。

では、作っていきましょう。

【1】ランドリーバッグの2面を切り取る。

これは1面を切り取ったところです。
全面を切り取ってしまうと強度が下がるようなので、2面がちょうど良さそう。

わたしは取っ手の部分も切り取りました。

【2】ランドリーバッグを洗濯ネットに入れる

ランドリーバッグを広げた状態で入れようとすると大変なので、たたんだ状態で入れて、入れてから広げるといいです。

【3】ファスナーのゴム部分を切り取り、隙間を埋める

洗濯ネットなので、ファスナーの取っ手をカバーするためのゴムがついていますよね。
それがあるせいでファスナーがきっちりしまらないと思うので、切り取ります。

で、切り取ってもファスナーがきっちりしまらない場合は、縫うなりボンドをつけるなりして、穴をふさぎます。

隙間があると、虫が入ってしまいますからね・・・

わたしは、手芸用ボンドを使って隙間を埋めました。

反対側も隙間があれば、埋めておきます。

これで完成です!

コンパクトサイズだと、B5サイズの容器が2個入る

実際に使ってみると、こんな感じ。

中に入れているのはダイソーで買ったフタつきBOXで、B5サイズぐらい。
コンパクトサイズのランドリーバッグだと、この容器が2個入るぐらいの大きさでした。

通常サイズのランドリーバッグを使えば、3つは入りそう。
もしくはA42つとか。

ちなみに、今回写真に写っている容器はこちらです。

100均のフタ付き容器を水耕栽培装置にするためホットナイフで穴を開けてみた
お金をかけずに水耕栽培を楽しもうとすると、どうしても装置は自作になります。 ペットボトルが定番ではありますが、ペットボトルでは1株しか育てられませんので、複数の株をまとめて栽培するには別の方法をとる必要があります。 じゃあどうす...

 

夏は暑さ対策・冬は寒さ対策が必要

これは防虫ネットハウスなので、保温効果や遮光効果はありません。

なので、たとえば冬に使うのであれば温度が下がりすぎないよう、ビニールで覆うなどの対策が必要です。

こういうの。

逆に夏の暑いときには、水温が上がりすぎてしまうので、遮熱対策が必要となります。

発泡スチロール製の容器に入れる・すのこなどを置いて地面に直接容器が触れないようにする、など。

と言いながらわたし、実はやらかしてしまいました・・・。

「猛暑の時期は過ぎたし、半日陰だからいけるだろう」と。
でも、1日で全滅してしまいました。

反省しきりです。

後日あらためて測ってみたところ、室内の出窓でも、水温は30度近くに上がっていることがわかりました。

夏は水耕栽培にとってもっともやりづらい時期かもしれません。

と、話が逸れましたが、これからは涼しくなっていくので、防虫ネットハウスを使って屋外でも水耕栽培を楽しみ、収穫量アップも目指したいと思います。