アスプレニウム栽培記録、2022年3月~

スポンサーリンク
ガーデニング

カラテアマコヤナと同時に、コーナン園芸館で購入したのが、アスプレニウムです。

アスプレニウムはチャセンシダ科の植物で、まあ、一言で言えばシダです。

シダ植物は育てるのは初めてなので緊張しています。

アスプレニウムも、この観葉植物図鑑で見て、育てたくなり、最近ずっと探していました。

アスプレニウムにもいろいろと種類がありますが、わたしが購入したのは比較的シンプルなアスプレニウム。アビスという種類かな?と思ってるんですが、ラベルにはアスプレニウムとしか書いてありませんでした。

柔らかな黄緑色で、ゆるゆると波打った葉。

前回のカラテアマコヤナ同様、アスプレニウムもハイドロカルチャーで売られていましたが、こちらも土に植え替えて育てることにしました。

水苔に植えるというのも見たんですが、まあよく分からないので、今回はとりあえずオーソドックスな、観葉植物の土で育ててみることに。合わないようなら変更します。

土の配合は、赤玉土5、腐葉土3、バーミキュライト1、パーライト1です。

ダイソーの土に土の配合例が記載されているので、それをベースにしています。

我が家には花やら野菜やらいろんな植物がありますから、毎回「〇〇の土」とか専用のものを買っているとロスも出てもったいないので、最近は自分でその都度配合するスタイルになりました。

アスプレニウムはシダ植物なので光が少ない場所でもOKです。あんまり暗い場所はダメでしょうけど、どれぐらいの暗さまで耐えられるのか、いろいろ置き場所を試してみるつもりです。

また、成長の様子はこちらに追記していきます。

PAGE TOP