室内で育てやすい観葉植物カラテアマコヤナ栽培記録、2022年3月~。

スポンサーリンク
ガーデニング

珍しくダイソーではなく、コーナンで観葉植物を購入しました。

カラテアマコヤナという観葉植物です。

観葉植物図鑑で見て、見た目がかわいい上に育てやすそうだったので、ほしかったんです。

ダイソーや園芸店に行くたび探していたのですが、今回、コーナンの園芸店で1株だけ見つけることができました。

ちなみに、上記の図鑑の著者は渡辺均先生。「趣味の園芸」でおなじみの先生です。

この図鑑、明るさや水やりについて、わかりやすく表示されているので、その表示を見ながら自分に合った観葉植物を見つけやすいです。おすすめです。

さて、それで購入したのが、カラテアマコヤナ。

この、絵に描いたような模様が独特ですよね。

ただご覧のとおり、葉が傷んでおります。ダイソーと違ってそれなりのお値段だったので、もう少し安くならないか聞いてみたら、3割引きにしていただけました。うれしい。

けど、ちゃんと復活してくれるんだろうか・・・?

葉の裏側は赤っぽいです。

店頭ではハイドロカルチャーで育てられていましたが、わたしは土に植えて育てたいので、植え替えました。

根も弱っていたので、ちょっと心配です。

そうそうハイドロカルチャーもいいんですけど、やっぱり元気いっぱいに育てたいとか、大きく育てたいという場合は、土のほうがいいですよね。

十分に元気な子をハイドロカルチャーにしたり、コンパクトに育てたい場合はあえてハイドロカルチャーっていうのはいいですけど。

とにかくこの子は、だいぶくたびれているので、元気を取り戻してほしい。

土は、赤玉土5、腐葉土3、バーミキュライト1、パーライト1です。

なんか、植物のブログばかり書いていて、以前からの読者の方が離れてるんじゃなかろうかと思いますが、まあ仕方ないですね。

まだ当分この感じが続くと思いますが、植物も際限なく増えるわけでもないので、そのうち落ち着きます。多分。

2022年5月 新しい葉が出てきた

植え替えたあとも、葉が数枚黄色くなって枯れてしまったり、「やっぱり、弱りすぎてもうだめなのでは……」と思う瞬間が何度もありました。

が、無事、復活!新しい葉が出てきました。

これは2週間ほど前の写真なんですが、今では3枚ともすべて展開して、ツヤツヤの葉を見せてくれています。

この調子で、すくすく育ってほしいものです。

PAGE TOP