インココとジェラートファクトリー、ネイルシールを比較

スポンサーリンク
美容・ファッション

ネイルサロン通いをお休み中のなつみとです。

最近、インスタの広告でやたらと見かけるネイルシール

マニキュアでもない・ジェルネイルでもない。

実際どーなの?

と最近試してみました。

よく見かけるのは「GELATO FACTORY(ジェラートファクトリー)」というブランドですが、調べてみると「インココ」というのもあります。

実際に試してみて、どっちがいいのか、そもそもネイルシールってアリなのか、レビューしたいと思います。

※まだインココを試したばかりで、ジェラートファクトリーはこれからです!
ジェラートファクトリーのレビューも、試し次第追加いたします。

※2019年5月14日追記※
ジェラートファクトリーのレビューも掲載しました!

Amazonでインココを探す
AmazonでGELATO FACTORYを探す

ネイルシールとは?

まず簡単に「ネイルシール」の説明を。

ネイルシールと呼ばれるものは昔からありますが、それはあくまでワンポイントとかで貼るだけのものなんですよね。

最近よく見かけるネイルシールは、爪全体に、マニキュアを塗ったように貼れるシールです。

薄いシールなので、ジェルネイルのような立体感は無く、マニキュアに近い見た目。

以下はインココの公式サイトのスクショなんですが、貼り方はめっちゃ簡単です。
ジェラートファクトリーも貼り方は同じです!

特長としてはこんな感じです。

  • 貼り方が簡単
  • 短時間で貼れる!マニキュアみたいに乾かさなくていい!
  • 1シート1,000円ぐらい。ネイルサロン行くよりだいぶ安い!
  • 10日~2週間ぐらいもつ
  • 貼るときに必要なネイルファイルも付属でありがたい

インココを使ってみた感想

まずインココを試してみたので、感想を。

ブログを書くつもりがなかったのできれいな状態での写真を撮ってないのですが・・・
柄のせいもあるかもしれませんが、けっこう「シール感」はあります

シンプルなワンカラーとかのほうが、普通のネイルっぽく見えたかもしれない。

貼り方は引くほど簡単なのに全然剥がれてこないし、10日間ぐらいは普通にもちました。

でも10日ぐらい経つと爪先から剥がれてくる部分もあり。特に人差し指と中指。

で、オフするときなんですが、ネイルリムーバーを使って落とすことになります。
ここはマニキュアと同じなんですね・・・。

そもそもインココはマニキュアの成分でできているらしく、ニオイもマニキュアっぽいんです。
だから、ぺりっと剥がそうと試みると、こんなことになります・・・

爪、傷むね・・・。

※この後、ちゃんとネイルリムーバーで落としました。

インココは16ピース入って1,000円前後です。
※爪は10本なので、多めに入っているということ。

ジェラートファクトリーより安いです。

ちなみにわたしのような短い爪の人だと、1ピースを2つにカットすれば左右の爪に貼れちゃうので、たっぷり使えます。

使用後、余ったピースはもとの袋に戻して、しっかり空気を抜いた上でセロテープで密封しておきましたが、10日後に確認したところまだ全然使えました!
(開封後は乾燥するそうなので、しっかり密封するのがポイントかと。)

爪が短い人なら、約1,000円で最低20日間は楽しめるということですね。

Amazonでインココを探す

GELATO FACTORY(ジェラートファクトリー)について

GELATO FACTORY(ジェラートファクトリー)はこれから使うところなんですが、今のところ分かっている点を整理しておきます。

  • 22ピース入って1,500円程度
  • オフするときはぺりっと剥がせる

入っている量は多いですが、どっちみち爪は10本ですからね。

ただわたしは爪が短いので、うまくやれば4サイクルいけるんじゃないか・・・!
3サイクル以上使えるならインココよりコスパがいいですね~。

あと、ネイルリムーバー不要でぺりっと剥がせるのが本当なら、ジェラートファクトリーの圧勝です。

執筆時点ではまだインココを試し終わったばかりなのですが、ジェラートファクトリーも試したらまたレビューします!

AmazonでGELATO FACTORYを探す

※追記!※

ジェラートファクトリー、使いました!

めっちゃよかったです!!

貼り方はインココと同じで、はみ出した部分を付属のファイルで削り取るだけ。
で、わたしは爪が短いので、1ピースを半分に切って爪2本分に使えました。めっちゃコスパいい~!

見た目も、インココのような「シール感」はなくて、ぱっと見はホントにジェルネイルっぽい。

そして何より剥がし方が最高ですよ!

ぺりっといけます。

悪く言えば、質感は「ビニールテープ」っぽい感じです。
ビニールテープを爪サイズに切っておしゃれなプリントをしたって感じ。

なので、普通にぺりーっと剥がせます。
若干、爪に接着剤の成分が残るかもしれませんが。

あと使い方としては、貼ったあとにトップコートを塗ったほうが長持ちします。
2週間ぐらいは普通にいけました。

飽きたらさっさと剥がして次のやつにしてもいいし。

やっぱり、ネイルサロンに通うのと比べたらめっちゃコスパいいので、気分に応じてこまめにネイルを変えられるのがいいですね!

マニュキュア・ジェルネイル・ネイルシール、どれがいいの?

わたしは仕事柄、つねにパソコンかスマホを触っているような状態です。

ということは常に自分の手が見えているということで、自分の手が美しいほうが、気分は上がるのです。

が、普通のマニキュアはすぐ剥げる
わたしはタイピングのクセのせいで右手の人差し指と中指はすぐ剥げちゃいます・・・。

足はマニキュアを塗っていますが。

一方、ジェルネイルの場合は簡単には剥げないし、1か月ぐらいはもつんですよね!

爪の補強にもなるし、ネイルサロンに行けば、自分ではまず不可能な可愛いデザインがいろいろ選べて気分が上がりまくり!!

これとかめっちゃ可愛くないですか?

ただ、ジェルネイルは高い&爪が伸びている状態がわたしはムリ・・・。

ネイルサロンだと、シンプルなワンカラーでも5,000円ぐらいはかかるし、デザインにこだわると平気で1万円近くいってしまう。

そしてわたしは基本的に爪を伸ばさないので、1か月も経つとネイルが剥がれてくるよりも先に、「もうこれ以上爪が長くなるの嫌!」と思ってしまうのです・・・。

キーボードは打ちにくいしピアノは弾けないし、家事もしにくいし髪も洗いにくしい何より、コンタクトが外しにくい!!

そこでマニキュアでもない、ジェルネイルでもない、ネイルシールの出番です。

ネイルシールの場合はマニキュアのように塗る手間がかからず貼るだけで簡単。乾かす時間もないし。
ジェルネイルほどお金もかからないし、薄いから貼ったままでも爪が切れる!

まあ、コスパを考えたらマニキュアがダントツに安いですが、現実的に考えると、わたしにはネイルシール、かなりアリかな、というのが今の考えです。

しばらくネイルシール生活をしてみて、数か月経ったらまた感想は追記しますね!

※2019年5月14日追記

もうね、ネイルシールでいい!

ネイルサロンに行って、ネイリストさんとあーだこーだ言いながらクッソ可愛いネイルにしてもらうのも超幸せだけど、普段はネイルシールがベストです。

今この感想を書いている時点では、わたしの爪は何もありません。
でも、適度に爪を休めつつ、めかしたいときはネイルシールを使う、貼ったらしばらく華やかな手元を楽しむ、ぐらいがわたしには合っているかな~と思います。

ネイルシールを貼るにも結局30分ぐらいはかかっちゃうけど、マニキュアと違って可愛いデザインが選べるのはありがたいし、ネイルサロンよりかなり格安で可愛いネイルが楽しめるので、しばらくはネイルシール生活になりそうです!