ダイソー観葉植物「フィカスバーガンディ」の栽培記録。2022年2月~

スポンサーリンク
ガーデニング

ダイソーの観葉植物、数えてみたらこれで14記事目でした。「そろそろ10個ぐらいかな~?」と思って確認したので、ちょっとびっくり。

はじめのころは無秩序に衝動買いしていましたが、最近は育てやすさとか考えて選んでおります。

今回は「フィカス バーガンディ」です。

一番左がフィカスバーガンディ

フィカスバーガンディと言ってますが、ダイソーでは「フィカス」として売られています。

でも「フィカス」って、「クワ科フィカス属(=イチジク属)」のことなので、めっちゃ種類あるんですよ。

人気の観葉植物「ウンベラータ」もフィカスですし、我が家にもいる「ガジュマル」もフィカスの仲間。

フィカスウンベラータ

ダイソーの観葉植物「ガジュマル」の栽培記録、植え替えの様子。2021年8月~

我が家のガジュマルの現在の様子。

今回購入したのは「バーガンディ」という種類で、「黒ゴム」とも呼ばれます。

そうそう、いわゆる「ゴムの木」もフィカスですね。

「バーガンディ」っていうのは色の名前で、ワインレッド系の暗い赤のこと。「ブルゴーニュ」を英語読みしたらバーガンディになるそうです。

ブルゴーニュワインみたいな色、って感じでしょうか。

購入したのは2022年2月だったのですが、寒かったのですぐに植替えはせず、3月半ばになってから植え替えました。

一番左がフィカスバーガンディ

隣のドラセナやザミオクルカスと比べても、葉が黒っぽいですよね。かっこいいです。

土は、赤玉土5、腐葉土3、バーミキュライト1、パーライト1です。普通に観葉植物用の土で大丈夫です。

フィカスは明るい場所を好むので、室内でも日光が当たる一等地に置いてあげるのがいいと思います。

わたしはバーガンディもガジュマルも、レースのカーテン越しの光が長時間当たる出窓に置いています。

気温は5度ぐらいまでは耐えるみたいなので、真冬に窓辺に置いていても安心です(うちの場合は。環境によって窓辺の気温は異なります)。

バーガンディも、成長の様子をこちらに追記していきたいと思います。

2022年8月 植え替えと剪定、挿し木

見て。めっちゃ大きくなりました。葉の大きさも、はじめと全然違います。

窮屈そうなので植え替えることにしました。

3号鉢から6号鉢へ。コーナンで購入した、間伐材を利用した商品です。ちょっと高かった気がする。

テレビを見ながら作業しています。ふしぎ発見を見ていました

土はいつもどおり自分で配合した土ですが、今回は表面に、コバエ対策として硬質赤玉土を敷き詰めてみました。

植え替えたことでバランスよくなりましたが、けっこうぐんぐんと成長しているので、来春にまた植え替えることになるかもしれません。

植え替えから2週間後、今度は剪定をしました。(同時にやると弱っちゃうかな、と思ってあいだを空けました)

フィカスって、曲げ仕立てになっていたり、枝分かれしていたりするのがかっこいいじゃないですか。

でもなにもしないと、このようにただまっすぐと伸びるだけなんですよね。

なので、枝分かれを期待して、剪定(摘芯)をしてみることにしました。

どこを切れば良いのかわからなかったので、切った枝を挿し木にできるぐらいの長さで切りました。

「ゴムの木」の仲間ですから、切り口から白い樹液が出てきます。南の島のフローネを思い出します(いつかわたしもゴムの木の樹液を採ってみたいと思って見ていた)。

けっこうな勢いで流れてくるので、すぐにティッシュでおさえます。

切り取ったほうの枝は、挿し木に挑戦すべく、水に挿しておくことにしました。蒸散を抑えるため、葉は小さく切り詰めておきました(葉からも樹液が出ます!)。

バーガンディは枝分かれしてくれるのでしょうか?ダメなら曲げ加工してみるつもりです。

挿し木は成功するのでしょうか?けっこう枝が太いので、ここから根っこが生えてくるって想像しにくいのですが・・・。

ちなみに、同じくフィカス属の「ガジュマル」は、挿し木の成功率は100%です。剪定枝を水に浸けておけば100%発根します。バーガンディも成功したらいいな。

また、成長の様子は随時更新していきます。

PAGE TOP