35歳シングルマザーがうつ状態になって1か月のあいだ活動休止した話

スポンサーリンク
フリーランス暮らし

どうも、なつみとです!

実はひっそりと、1か月ほど活動休止していました。
(一部の方には知らせてましたが)

まさか自分がこんなことになるとは。って感じです。

広い意味では、2018年4月頃から活動休止に近い状態になっていました。

物理的・精神的両方の理由から、新規の仕事は請けられない状態になっていたのです……。

既存の仕事も量を減らしたり、また、これまで呼吸をするようにしてきた「交渉ごと」をする気力もなくなり、自ら仕事を手放したりもしました。

そして狭い意味では、2019年8月7日より、1か月間、休養を言い渡され、休んでいました。

もう、そのときの気分は最悪。

でもそれはわたしの人生にとって、絶対に必要な出来事だったのでしょう。

一体なにがあったのか、簡単にまとめておきます。

うつ病ではありません、診断されていません

さきに言っておきますが、わたしは「うつ病」と診断されたわけではありません。

というか、精神科や心療内科を受診していません。

わたしは受診より先に、臨床心理士さんによるカウンセリングを受けました。
そこで、「抑うつ状態ですね」と言われました。

とくにこだわりがあったわけではないのですが(できれば受診歴を作りたくないという気持ちはありましたが)、たまたま、カウンセリングを受けやすい機会があった、という感じです。

カウンセラーさんが必要と考えれば心療内科等を紹介してもらうことにはなっていたのですが、結果的にはそれには至りませんでした。

原因は「頑張りすぎ」

もう、原因はこれに尽きます。頑張りすぎました。

具体的なエピソードはプライベートなことなので控えますが、とにかく、頑張りすぎた。

頑張りすぎたし我慢しすぎたし気を遣いすぎたし。

わたしのような、大雑把で、言いたいことをハッキリ言うような人間でも、そんなふうになってしまいました。

何かおかしいと思ったときには、自分で自分をコントロールできない状態に陥っていました。

コントロールできないのだから、自分が頑張りすぎているかどうかも自覚できない。

頑張るべきじゃないことを頑張ってしまってることに気づけない状態。

めっちゃ怖いですよね。

1か月間カウンセリングに通い、自分と向き合う

カウンセリング自体は2019年3月からたまに行っていて、騙しだましやってきたのですが、8月7日に行ったカウンセリングで、休養しましょうと言われました。

それから1か月間は毎週カウンセリングに通い、自分と向き合うことになりました。

そもそもどうしてわたしは頑張りすぎるのか?

原因を解明してかないと、また同じ過ちを繰り返すことになりますよね。

だから、向き合いました。

自分の過去と向き合うのは本当にしんどい。

はじめの2週間ぐらいは「休養」とか「療養」って感じでしたが、3週目からは「過酷なリハビリ」って感じでした。

せっかく過去のトラウマ的なことがわかっても、わかったらわかったで「なんで、それのせいでわたしが苦しまなあかんねんボケ!」みたいな気持ちにもなります。

カウンセリングを通して分かったこと

まず、わたしが頑張りすぎというか、頑張らなくていいことまで頑張ってしまうのは、生い立ちに原因がありました。

「目の前にある問題は解決しないといけない」

この感覚は仕事にはすごく役に立っているんですが(いわゆる「自分事化」)、プライベートでやってたら、自分の人生がなくなります。

でも、わたしはずっとそんな感じで生きてきたようです。

目の前に問題があっても別にわたしが責任をもつ必要はないと分かったとき、すごく体が軽くなりました。
むしろ、何を勝手に背負い込んでいたのかって感じですよね。

そうやって他人のことばかり考えているから、わたしは自分のことを後回しにしてしまっていました。

圧倒的に、自分のために過ごす時間が無いということにも気づきました。

休養中、自分のための時間を過ごすようになると、めっちゃ時間が余るんですよ!!
自分がいかに、他人のために人生を使ってきたのかを知りました。

そして、わたしがそんな性格だからこそ、それを利用する人が近づいてくるのだそうです。

ああ、いろいろ納得ww

って笑うしかないですが、それに気づいたときははらわた煮えくりかえる思いでしたし、
「わたしのこれまでの人生はなんだったんだよ・・・」
とも思いました。

けど、「つい人助けしちゃう」この性格は変えられないそうなので、その性格を自覚した上で、「あ、こういう人を助けるとあとあと大変なことになるぞ」とか気づけるようにしたいです。

わたしはわたしの人生を生きる

カウンセリングで休養を言い渡されたとき、わたしは「早く元のわたしに戻りたい!」と思っていましたが、今は違う気持ちです。

わたしは元の自分になんか戻りたくありません。

自分の気持ちをないがしろにする自分。

自分のやりたいことを後回しにする自分。

自分を愛せない自分。

そんなの嫌でしょ。

わたしは、自分のために生きることにします。

きっとまた他人のためにいろいろやっちゃうこともあるけど、そのときは「やってあげたのに」とかじゃなくて、「わたしがやりたくてやってるんだ」と思えることだけやります。

活動休止中の過ごし方はこんな感じでした

1日の過ごし方は、

筋トレ
読書
散歩がてら本を買いに行く
カフェに入って読書
読んだ本の感想をまとめる
日記を書く

みたいな過ごし方でした。

わたし、やっぱり本を読むのが好きなんだなぁと再認識しました。
そして、読むだけじゃなくて「レポートを書きたい」。

で、せっかくなのでブログに書こうと思って、ブログの下書きに書き溜めていました。
メンタル瀕死で思考力も低下してるのでうまくまとめられてないですが。

あ、ブログやSNSなどの発信も休むよう言われてたので、公開はまだしていません。これから少しずつ。

それから、メンタルが限界になったと同時に人生で初めて「食欲減退」を経験したので、これ幸いと糖質制限も再開しました。
そして1日1種目ずつ、ゆるゆると筋トレも続けています。

体重は1か月で2.5kg減!

ダイエットって、だいたい仕事が忙しくなったり余裕がなくなるとフェードアウトしてしまいますよね。
だから、これからはダイエットを挫折しそうになると「あ、自分をないがしろにしようとしてるぞ!」と思って、自分を見失わないようにしようかなと。

そしたらダイエットも成功するだろうし一石二鳥!

それから、日記など「自分の考えをひたすら書く」のもメンタルに効くと言われていますが、これは本当ですよ。

わたしはここ1年間ぐらい日記も書かなくなっていて、それも良くなかったのだと思います。

この1か月間はアホみたいに書きまくってました。
もし文字単価5円でももらえるなら、余裕で100万円は超えると思います。
いや、200万円も超えるかも・・・

やっぱりわたしは、読んだり書いたりするのが好きなんですよね。
あとは、ぶらぶら歩くのが大好き。

これから

けど正直、「自分がやりたいことだけやる」のも、退屈です。
いやほんとに、活動休止中の最後らへんは、とにかく「ひま・・・」「退屈・・・」って感じでしたもん。

もう、読書か仕事ぐらいしかやることないし。
どっちも目を酷使するから1日中できるわけでもない。

真夏だったから散歩もそんなにいけないし。
あ、でも、散歩のために北大路ビブレとかくずはモールとか行きました。
(イオンモールは人が多いから行きたくない)

とかいろいろやってみても、とにかく時間が余るんですよね。

息子もいるからまだよかったけど、わたしが完全に独身の1人暮らしだったら、もっと暇だったんだろうな。

活動休止のはじめのころ、カウンセリングで「わたしには世話してもらいたい他人が寄ってくるから、『1人で寂しい』という感情がない」ということが分かったんですけど、

さすがに、ずっと1人でふらふらしてたら寂しい!

寂しいし退屈だし、何かしたい、誰かと遊びたい。

活動休止中、キャンセルしてしまった飲み会や仕事もあるので、これから休んだ分を巻き返していきたいと思います。

とはいえまだ病み上がりみたいな感じなので、徐々に。
カウンセリングにはまだ通っていて、もうしばらくは通うことになりそうです。

まだ少ししんどいけど、やっぱり、このタイミングで自分に向き合うことができて、本当によかったです。

おわり。

***

おまけ。

この1年ぐらい、心配して声をかけてくださった方々、本当にありがとうございました!
お仕事で迷惑かけてしまった方はごめんなさい・・・。

仕事は今年中はなるべくゆっくりして、来年から本気出すつもりなので、良い仕事があればお声かけくださいませ!

休養中の細かい話はこっち⇒うつ状態になって1か月間休んだときの心の変化と休養中にしていたことの記録