ケンタッキーのビスケット再現レシピ。メープルシロップやジャムに合う

スポンサーリンク
ケンタッキー風ビスケット 料理

メープルシロップをたっぷりつけて食べるような、ケンタッキーのビスケットみたいなお菓子が食べたくなったので、作りました。

同じようなお菓子にスコーンもありますが、ビスケットと何が違うの?って思いませんか?

というか、ビスケットってクッキーみたいなやつじゃないの?と。

簡単に言うと、ケンタッキーで売ってる「スコーンみたいだけどあんまり甘くなくて、シロップやジャムをつけて食べるビスケット」は、アメリカの料理です。

一方、イギリスでビスケットと言うと、クッキーのことを指すようですね。

ちなみにスコーンも、アフタヌーンティーセットについてるみたいな丸いスコーンはイギリス風で、アメリカ風だと三角形ですごく甘いやつ、というイメージです(スタバのスコーンとか)。

で、今回作ったのはアメリカ風のビスケット。

ケンタッキー風ビスケットの材料

6個分

  • 円形の型(なければ三角や四角などにしてもOK)
  • 薄力粉 250g
  • 砂糖 15g
  • ベーキングパウダー 5g
  • 塩 ひとつまみ
  • バター 70g
  • 卵 1個

ケンタッキー風ビスケットの作り方

  1. 薄力粉・砂糖・ベーキングパウダー・塩をボウルで混ぜる。
  2. バターを入れて、指先でつぶしながら、粉がポロポロになるまで混ぜる。
  3. 卵を加えて全体がまとまるまで混ぜる。こねてはダメ!
  4. 1時間ほど冷蔵庫で寝かせる。
  5. 220度に予熱する。
  6. 生地を1.5cmぐらいの厚さに伸ばし、型を抜く。型がなければ包丁で切る。6個ぐらい作れる。
  7. 220度で15分焼く。

温度や時間はお使いのオーブンによって調整が必要。焦げないように気を付けて。

保存して少しずつ食べる場合は、控えめに焼いて、食べる直前にトースターで140度5分間ぐらい焼くといいと思います。

ケンタッキー風ビスケットを作るときのポイントなど

ビスケットを作ったのは初めてでしたが、スコーンは何度も作ったことがあったので、難しくはありませんでした。

スコーンにしてもビスケットにしても、先に粉類とバターを混ぜて、卵など水分を入れてからは決してこねずに、手早くまとめるのがポイントだと思います。

バターは完全に混ざらなくても、つぶが残っているぐらいで大丈夫です。

食べるときは、トースターで温めたほうがおいしい。

メープルシロップやはちみつ、ジャムなどなんでも合います。

簡単に作れる分、ハマるとつい頻繁に作って太りがちなので、自重しつつ、たまに作りたいお菓子です。

PAGE TOP