ユーカリポポラス栽培記録。大きな木に育てたい!2021年10月~

スポンサーリンク
ガーデニング

昨年10月に、ユーカリポポラスの小さな木(苗?)を購入しました。

ユーカリと言えばおしゃれな植栽として人気で、人の背より大きな木をけっこう見かけますよね。

(大きくなりすぎて手に負えない、という話も聞きますが……)

この小さなユーカリがどこまで大きくなるのか、このページで記録していきたいと思います。

2021年10月ユーカリポポラス購入

ユーカリというとコアラの好物。ですが、実はいろんな種類があり、今回購入したのは「ユーカリポポラス」という品種です。その他、ユーカリグニーやレモンユーカリなどの品種があります。

ユーカリポポラスは丸っこい葉が特徴的です。

こちらは10月中旬、植え替えてすぐの様子。土は、赤玉土7、腐葉土3かな。水はけがいい土を好むそうです。

10月下旬の様子がこちら。無事に根付いてくれたっぽい感じ。

購入時から、細い仮支柱みたいなので支えてありました。

2022年4月、横に広がる……

屋外で冬越しし、2022年4月の様子がこちらです。

なんか、すごく、横に広がっています……これ、どうすればいいの……?

とりあえず様子見で。

ユーカリはとても強健らしいので、成長具合を見ながら、剪定したりしてみます。

あと、この段階ですでに鉢が小さい感じがするので、植え替えたほうがいいかな?

小さい鉢だと、真夏に水枯れしそうなので、植え替える可能性が高いです。

2022年6月 がっつり剪定しました

あまりにも不格好だし、上に伸びてほしいので、剪定しました。

横に伸びている枝はばっさり。これで様子を見ます。

剪定した枝は、挿し木しました。

が、ユーカリって挿し木が難しいそう。

成功率が低い前提でたくさん挿し木してみましたが、なんと、成功率はゼロでした・・・。

わりとなんでも挿し木成功してきたので、初めての失敗です。

まあ、ユーカリの木がたくさんあっても困るか。残念ですが、また剪定したら挿し木に挑戦してしまいそうです。

本体のほうは、結局植え替えはせずに夏越ししましたが、今のところ元気です(2022年9月現在)。

また、随時こちらに追記していきたいと思います。

PAGE TOP